ピカール食品と薄味,”Picard’s Foods & Light Taste”

ダイエットとフィットネス

健康上の理由というより、家に電子レンジもオーブントースターも置いていないので冷凍食品はおいていません。(そもそも冷蔵庫もミニマリスト、欠かせないのは調味料と明治のギリシャヨーグルトに水のペットボトル。肉類と野菜、果物がそこに時々加わります。)

そんな私とは異なり、料理上手が自慢(だった)の、80代の母はすっかり冷凍食品愛好家に。

そんな実家の母の為、地元吉祥寺に昨年オープンしたフランスの冷凍食品メーカー、Picard、ピカールショップでキッシュとポテトを初めてお買い上げ。自分用にはSalade de fruits rouges(フルーツサラダ、赤いフルーツ)をお試しに購入。

ピカールは現役主婦の友人に言わせると高すぎるらしい。(大体彼らはCostco信者)。お値段は確かに高め。

でもその後私の必須食品になったこの赤いフルーツサラダは、日本の食品メーカーの冷凍ブルーベリーに比べてもそこそこのお値段だし、フランボワーズ、チェリー、ブラックベリーとブルーベリーに、2種類のフルーツソース(パッションフルーツとブルーベリー)、かなりリッチな食感でお気に入り。

お値段はさておき、ピカールが気に入った点は下記です。

  • 薄味!これにつきますね。特にキッシュは感動的なまでの薄味。まあキッシュ自体は超お高いDean & Delcaでも薄味ですけれど。マッシュポテトを固めたジャガイモのノアゼットも100gあたり0.8gの食塩量なのでマイルド、皮つきタイプのフレンチフライドポテトは100gあたり1.23gで少々ソルティ。

コーヒー断ちは続いているけれど、グルテンフリーは続かないもの。

それに糖質制限をしようとすればするほど、その反動で塩辛い味の物を好んで食べてむくんでしまう悪循環に陥っている現在の私。

これを断ち切るには、添加物、加工食品を控えるのも大事だけれど、全てを薄味にする、やはり和食中心ダイエットはまだ私には無理みたいです。