私のサプリメント歴, “My Supplement History”

美容

4年以上続いた更年期症状軽減の為、サプリ探しにやっきとなった過去4年間。

ほぼ症状軽減に達し(睡眠障害は変わらず)、サプリよりも更年期対策, “For My Menopouse Measures”食事と運動の大切さに気づくものの、長年のサプリ信者の為サプリそのものは辞めていません。

思えばサプリを取り始めたのは、80年代インターネットショッピングなど始まっていない、手紙・ファックスによる通販(アメリカからの)でした。

両親の友人のアメリカ人宣教師ご夫妻にご紹介いただいた会社、Puritan’s Pride社(https://www.puritan.com/)。

今やアマゾンジャパンでも買えますが、1973年創業、老舗中の老舗です。1980年代からこちらの会社で買い始めたのが、ビタミンC、オメガ系のサプリやクリーム等。

一番印象に残っているのは、Pure Vitamin E Oil, ビタミンEオイル、現在アマゾンジャパンでも購入可。

その昔はエメラルド色のラベルでしたが、とにかくリッチでねっとりしたオイル。数年前に、アトピー体質の妹に紹介してお墨付きがでたので、肌トラブルには効果あり。

そしてアメリカ人ご愛用のEmergen-C。私自身は甘さが強すぎるのであまり飲みませんが、高齢の両親には風邪予防に毎日飲ませています。

それにしてもこのEmergen-Cに似たタイプの商品が日本で何故できないのかが不思議。風邪の時はオレンジジュースを飲むようになど、ビタミンC信仰がアメリカほど根強くないのでしょうか。

90年代終わりころからは大人気のiherb等で買い始めて嵌りました色々と。

コエンザイム、アルファリポ酸、プロテイン、ピクノジェール、グリソディン、スーパーフード系etc etc。

食べる事は大好きだけれど、料理そのものには興味がそれほどない私にとって、日本人の某作曲家が、”忙しいし食べるのが面倒くさいから、サプリメントを大量にとっている”という言葉に激しく当時同意。

そんなサプリメント信者かつ面倒くさがりやの私が昨年出会ったのが、張るタイプのサプリメント

日本で推奨されている一日の必要摂取分以上が配合されかつ様々なハーブが含まれているのと、最近はやりのナイアシンが含まれているけれど、これはお勧め。

30年以上、サプリメントはアメリカからとかたくなに信じていた私が最終的いにたどり着いた、日本のサプリ、タケダのビタミン C錠。

結局面倒くさがりでずぼらな私が行きついたのは、サプリは張る、ヴィタミンCは大量に取るというシンプル至極な方法でした。

(注)当ブログの記事は私が実際に体験した事で、あくまでも私自身の主観に基づいています。商品ご購入やご利用の最終的な判断はご自身の責任でお願い致します。