お気に入りの海外TV番組其の三, “My Favorite TV Program Part 3”

エンターテインメント

私のお気に入り海外TV番組:Part 1はコメディ、Part2は警察ミステリー、そしてPart3はがちがちのロマコメ、韓国ドラマ「ロマンスは別冊付録」(로맨스는 별책부록)です。

韓国ドラマも古くは、定番「冬のソナタ」が見はじめ。

あの時は”結局ジェーン・エア?ラジオDJなんてちょっとクラシック”など思っていた「冬ソナ」から早20年以上が経ち、随分韓国ドラマも洗練されてきたものです。

男性のファッションに関しては、やはり世界一洗練され”すぎた”東京のメンズファッションを日ごろ目にするので、時々”えっ”と驚かしてくれるコーディネートもありですが、この作品に関しては女性のファッションとインテリアは、もしかして日本を追い抜いた気までします。

(と言っても私は日本のTVドラマを見ないし、最後に見たのがネットフリックス(以下ネトフリ)での「最高の離婚」位なので比較は正しくないでしょうが。)

ラブロマンスの王道、美男(正統的な美男子とはいいがたいイ・ジョンソクですが)美女の甘いやり取りが見られる事。裏話(男性主人公役のイ・ジョンソクが、女性主人公役のイ・ナヨンの長年のファン)からもラブシーンに”気持ちがこもって見える”もあったり、画面が最初から最後までとにかく綺麗でおしゃれで楽しめます。

本好きとしては出版社の話なので、韓国の出版業界の様子なども興味深いし、なんと素敵なオフイス、図書館のよう。

高身長、痩せすぎでスタイル抜群のイ・ナヨンがイサベル・マラン,Sakai, GucciにValentino諸々を着こなしてくれるは、私の好きなゴールデンレトリバーも出てくるし、すべての場面場面がお気に入り。

そこそこ深い部分(男性主人公と彼のメンターの話)も心打たれるのですが、この作品がなぜ好きなのかを突き詰めてみると、私が好きになる物、世界につながる事に気が付きます。

全ては細部に宿る、まさにアンタイラーやデイビッドロッジの世界で感じる、細部へのこだわりがこの作品にもあるのです。

イ・ナヨンは柴咲コウ似のようだけれど(年齢もほぼ一緒)、日本ではモデル身長にあたる170cmの彼女と、公称160cmの柴咲嬢とはスタイルが違いすぎ!