更年期対策, “For My Menopouse Measures”

その他

更年期、お年頃で今現在もお悩みの同世代の方が多々いらっしゃるでしょう。

あくまでも私自身が体験し、効果があった事ですが、もし同じ症状でお悩みの方のお役に少しでも立てればと思い、私の更年期対策を下記ご紹介します。

私自身更年期障害の症状で特につらかった事

  1. 睡眠障害(寝つきが悪い・眠りが浅いは子供の頃からですが、40代後半から更にひどくなりました。)
  2. 抜け毛(細い・切れやすい・猫っ毛という困った髪質に、髪を洗っただけで抜け毛が手に沢山のるようになったのはかなりのショック。)
  3. 適度な運動をしているのに体重増加気味と婦人科系症状
  • 睡眠障害に関しては一喜一憂ですね。張るタイプのサプリが効いたような気がしたけれど、どうも効かない。しようがないのでメラトニンを試してみようか思案中。
  • 抜け毛と体重増加と婦人科系に関してははシャンプーを変えたり、髪の毛用のサプリを飲んだり、髪質が少しはしっかりしてきたものの、”劇的に変わった”のは下記から

食事療法: 私が通っているジム、トータルワークアウト(以下TWO)でトレーナーさんから懇々と言われてきたフレーズ、”高たんぱく、低脂質に低糖質”。

まさに今はやりのダイエットですが、これが頭にこびりつき、入会以前の”サラダ大好き日本女子”から”肉食女子”に。

そして”野菜は糖質がほとんどで栄養素が少ない”も刷り込まれ、野菜や果物をあまり積極的に食べなくなってしまったという背景あり。

この食生活を、野菜、特に葉物をしっかり食べる、甘味は果物へ=ミネラルたっぷりの食生活は肌と髪には絶大な効果ありです。

特におすすめの葉野菜は、ケール、ルッコラとパクチー。そしてビーツといったスーパーフード系もGOOD。果物は、全く甘味がない、酸っぱいだけのクランベリーやベリー類にグレープフルーツ。そして、今や大好物のドラゴンフルーツもお勧め。

筋トレ:筋トレはTWOに2013年に入会後始めましたが、その効果を実感できたのはつい最近。

今までは苦手で避けていた種目、”デッドリフト”をパーソナルトレーニング中に、そして自主トレに組み込んでから、効果絶大。

デッドリフトにより、骨盤後傾がニュートラルになり、他の筋トレ種目やランの姿勢にも影響が表れ、運動効果が高まりました。何より婦人科系症状の緩和、特に骨盤底筋及び内転筋の強化

ホルモン療法でお医者様に通っても、あまり症状が改善されない、更年期障害に悩む同世代の友人にも力説しています。

とにかく運動、筋トレと、適度なたんぱく質と多量の葉物野菜と果物の食生活、これにつきます。